瑞牆山なのだ   落ちてはならないのだ! 

今回は贅沢で楽しくもあり、情けなく悔しくもあり、ホントいいホンチャンクライミングだった。

初日はハル、タケ、コージで十一面岩正面壁のルート「翼」に行くつもりだったが、前日の雨で濡れている。
 今回はコージとタケがメインのため、ハルさんに荷物持ちをして頂くことに。
すいません。

一緒に行った別パーティーのウメさんとS口は対面の岩山へ
さー共に頂上に立てるか?
S口はさんは「ベルジュエル」6回目のトライ
b0178369_1944812.jpg

対面の岩のウメさん


  翼がだめなら、近くの適当なルートから・・・・

それが
翼とは大違いで、渋いルートが続きたまにエイドに・・・  情けない。
本チャンの絶対落ちられないプレッシャーが重くのしかかる。登っている最中は怖いよーと思いながらも、登りきると最高!!と思える。
 後でわかったが、そのルートは「山河微笑みルート」と「スコール」と「山族79黄昏ルート」を繋ぐものだったのだ! 難しいわけだ

b0178369_1912416.jpg

タケがんばれ早く登ってこい!

最後のピッチでは50mロープが残り5mで頂上に立てた。つまり1ピッチ45m 長い。

ふゅー 

b0178369_1982197.jpg

写真は頂上より降りたところで記念撮影



こりゃー アドレナリン依存症かー


時を同じく対面を登ってた組も頂上に立っていた
b0178369_1993890.jpg




二日目は不動沢へ

愛好会ルートと小岩ルーフへ
b0178369_1913940.jpg


b0178369_19141879.jpg


とにかく充実の休日です。


今回は動画を撮ったので音楽つけてカッコよく仕上げたい。

できるか? とりあえずソフト買いに行って来ます
[PR]
by ko-ji_world | 2009-09-08 19:15 | クライミング系


<< 眠れる森の美女? 日本のヨセミテ >>